2008年05月14日

看板。

最近、店の前に置いていたブラックボードの看板にいろいろな写真を貼ってアレンジしてみました。

主に畳関連の写真を貼っているんですが、先日のブログで紹介した犬の写真も貼っています。

それで、今日の仕事中に早速、店の前を通りかかった方が、看板の写真について話かけてきてくださいました。

最初は、店の前を飾り付けるためにやってみたんですが、今日のように通りかかった方が看板を見て話かけてきてくださるとちょっと嬉しくなります。

これからずっと同じ写真を貼ってばかりでは、面白くないかなと思うので、定期的に畳だけでなくいろんな写真を撮ってきて看板に貼っていこうと思ってます。
posted by ヒラタ at 21:48| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

忙しい月でした。

今月は、仕事量が多く、市内へ行く仕事や遠くの現場の仕事もあったので、結構忙しい月でした。

仕事が多いのは大変ですが、仕事をこなすことで勉強になることも多いので終わってみれば良かったなと思います。

5月の連休までもう少し仕事が残っているので気を抜かずに頑張ります。
posted by ヒラタ at 20:20| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

りゅうびん表。

今日、紹介するのはりゅうびん表という特殊な畳表です。

実物は


DSCF9189.gif



こんな感じです。

この畳表は、色がやけているわけではなくて、最初からこんな色をしています。

他にも特徴があり、写真のように普通の畳表よりも畳の目(畳表の区切りのことです)が広いんです。


DSCF9193.gif



この畳表は、普段はほとんど使うことがないんですが、床の間の畳を作るときに注文があれば使っています。

posted by ヒラタ at 21:25| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

小さな縁無し畳。

下の写真は、この前あまった材料で作った小さな縁無し畳を撮影したものです。


DSCF9231.gif



こういう小さい縁無し畳は今まで作ったことはなかったんですが、ためしに作ってみたら意外とよく出来たので店の前や自宅の玄関に飾ってます。
posted by ヒラタ at 21:16| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

縁無し畳の見本。

この前、店の前に飾るために縁無し畳の見本を作ってみました。



DSCF9204.gif




縁無し畳は、他の畳に比べると値段が高いんですが、敷いてみるときれいでこういう畳もいいなぁと思えるような畳です。

写真の畳は普通のサイズですが、かなり小さい縁無し畳も作ってみたのでまた紹介します。


posted by ヒラタ at 21:24| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

畳の一級技能士。

今年は、畳の一級技能士という資格を受験することが出来るようになるので、受けてみようと思っています。

試験の内容は、畳を手縫いで決められた時間内に作るというものと筆記試験になっています。

試験日はまだ先なんですが4月くらいから試験に向けて勉強や練習をやっていくつもりです。
posted by ヒラタ at 19:40| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

久々の裏返し。

今日は、久しぶりに裏返しの仕事をやりました。

裏返しを簡単に説明すると現在敷いてある畳の畳表の裏を使って畳をきれいに方法です。

去年は、月に平均2、3件くらいは注文があったんですが今年に入ってからは、新畳や表替えの注文がほとんどだったので久々に裏返しの仕事だったんです。

裏返しは、畳替えをしてから3年〜5年後くらいにやるのが一番良いのですが、畳にシミ等があったり、年数があまりにも経っていると出来ない場合もあります。

この畳替えの方法を知らない人は、結構多いのですが、新畳や表替えに比べると低価格で出来るので、この「裏返し」という方法を覚えておくと役に立つことがあるかもしれません。

そろそろ畳替えをやってみたいという方は一度、畳屋さんに見てもらって裏返しが出来るかどうかを確認してから検討するのもいいと思いますよ。
posted by ヒラタ at 20:34| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

手縫いの仕事が終わりました。

先月のブログに書いていた手縫いの仕事が終了しました。

仕上がりは



DSCF9199.gif




こんな感じです。

今回は紋縁という特殊なヘリを付けて、手縫いで仕事をやっていったのですが枚数が18枚でそんなに多くなかったので、約1週間くらいで仕上げることができました。

こういう仕事は、作るときは大変できついんですが、終わった後は、充実感があるので結構好きです。



posted by ヒラタ at 20:41| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

手縫いの畳。

今月は、手縫いで畳を作る仕事が結構あり、大変でした。

主に紋縁という特殊なヘリを付ける仕事を多くやっていました。

紋縁というのは、お寺や和室の床の間などに使われることが多いヘリで、時代劇の畳にも時々付けてあります。

紋縁は、普通のヘリとは違い、紋の形がうまく畳の表面に見えるように細かい寸法を確認しながら縫わなければいけないので、手縫いで作ったほうが確実にきれいにしあがるんです。

こういう仕事は、慣れるまで時間はかかりますが、慣れてくると結構おもしろい仕事ではあります。


来月も紋縁を付ける仕事があり、仕事が多くなる時期なので忙しくなりそうです。





posted by ヒラタ at 19:57| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

ちょっと値段が高めの畳床。

今日は、珍しい畳床が手に入ったので紹介したいと思います。

今回紹介する畳床は、一見普通のワラでできた畳床なんですが、畳床の中に炭が入っていたり、下の写真のように裏に麻糸をつけてある製品です。


DSCF9187.gif



こういう畳床は、滅多に使われることはなく、お茶室関係の仕事などで使われたりしています。

このような製品は、いろいろな手間がかかっているので普通のワラ床よりも仕入れ値は高くなりますが、ワラを多く詰め込んであるため、長持ちします。

posted by ヒラタ at 19:45| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ミニ床の間 その2

DSCF9093.gif




今日も仕事の合間にミニ床の間を作ってみました。

今日、作った床の間には九条紋という特殊なヘリを付けています。

昨日付けていた紋縁や九条紋といった特殊なヘリに関しては、ホームページにて詳しく説明したいと思ってますので更新ができたらまた紹介します。
posted by ヒラタ at 20:10| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ミニ床の間

DSCF9089.gif



今日は、この前の二畳台のヘリと仕事で使った畳表のあまりでミニ床の間を作ってみました。

最近の新築の家では畳の床の間はあまり見かけませんが、写真のように紋縁をつけることが多いです。

たまにこういう畳を作るとはおもしろいのでまた作りたくなってしまいます。

明日、時間があればヘリを変えてまた作ろうかと思ってます。
posted by ヒラタ at 20:19| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

二畳台完成。

去年の年末に二畳台を完成させるつもりだったんですが、年末の仕事が想像以上に忙しかったため、残りの部分を今年に入ってから仕上げました。



DSCF9085.gif




今月の仕事に床の間の畳を作る仕事も入っているのでまた完成したら紹介します。
posted by ヒラタ at 21:45| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

正月休みが終わり、今日から仕事を始めました。

仕事をやるのは久しぶりだったので、朝起きるのがちょっと辛かったのですが、仕事の方はスムーズにやれました。


去年は、ブログの更新があまり出来ていませんでしたが、今年はもう少しこまめに更新していきたいと思っています。

それでは、今年もよろしくお願いします。


posted by ヒラタ at 23:10| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

今年を振り返って。

去年の今くらいの時期に京都から熊本に帰ってきてもう一年が経ちました。

この一年を振り返ってみるとあっという間に時間が過ぎていったという感じがしますが、前からやってみたかったホームページの作成など様々なことに挑戦することができ、とても充実した年になったかなと思ってます。

京都から熊本に帰ってきて、仕事のやり方の違いに戸惑いましたが今ではこちらのやり方と京都で学んできた技術や知識をうまく組み合わせることができています。


来年はこの一年で学んだことを生かし、もっとお客様に喜んでいただけるように技術やサービスの向上に励みたいと思っていますので来年も当店をよろしくお願いします。
posted by ヒラタ at 17:19| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

ビニールでできた畳表。

昨日のブログにも書きましたが今日の仕事ではビニールでできた畳表を使って畳の表替えをやりました。

写真を使って紹介できたらと思っていたのですが、写真だと天然の畳表との違いが分かりにくいため断念しました。

この製品は、畳屋でない方が見ると天然のものと見間違うくらいよくできています。

今日、使用した畳表は天然の畳表よりも少し値段が高めですが、色が変わりにくいので畳の色変わりが気になる方は一度畳屋さんに問い合わせしてみてもいいかもしれません。

このほかにも和紙から作られているものもあり、色の種類も豊富だったりします。

一般のお客様からの注文はあまりありませんが、飲食店などでは結構注文があります。


また変わったものがあればこのブログで紹介しますね。

posted by ヒラタ at 21:57| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ちょっと変わった形の畳。

今回は昨日の仕事でちょっと珍しい畳を作ったので紹介します。

普通の畳は、長方形になっているのですがこの写真の畳は部屋の柱がある部分を削って作っているので変わった形になります。



DSCF9080.gif




一般のお客様のお宅にはこういう畳はあまりないのですが、マンションなどの現場ではよく見ます。

なのでマンションにお住まいの方は実際に見る機会があるかもしれません。

明日は、ビニールで出来た畳表を使った仕事があるので、またこのブログにて紹介します。
posted by ヒラタ at 20:32| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

二畳台

最近、本格的な畳の手縫いをやっていないので仕事の合間に二畳台という畳を作ることにしました。

二畳台というのは、主にお寺などに置いてある特殊な畳でちょっと高さがある座布団のようなものです。

詳しく知りたいという方は、お店のホームページで紹介していますので見てみてください。

二畳台は全部手縫いで作るのですごく手間がかかり、一畳作るのにだいたい2〜3日かかります。

今回は、仕事の空いた時間に作るつもりなので今年中にできたらなと思ってます。



posted by ヒラタ at 21:02| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

市松畳表。

今日は、珍しい畳表を使って表替えをやったので紹介します。

この写真の畳表は、市松畳表(いちまつたたみおもて)というそうです。


DSCF9066.gif



普通の畳表と違って外側に四角い部分を色を使い分けて作ってあります。


DSCF9064.gif



近くでみると上の写真のようになってます。

普段の仕事ではこのような珍しい畳表を使うことはないんですが、今回表替えを注文されたお客様がこの市松畳表が好きだということで、ご自分で畳表を購入されてから当店で表替えを行いました。

実際に部屋に畳を敷いてみると普通の畳表を使った表替えとは、違った良さがあり、こういう畳表を使った畳替えの提案をお客様にしてみるのいもいいかなと思いました。

なかなかこのような機会はないので今回の表替えはいい勉強になりました。
posted by ヒラタ at 21:50| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

畳の競技会。

先週、仕事を数日休んで京都に行ってきました。

今回は旅行に行った訳ではなく、去年まで行っていた畳の学校の競技会があったので、見に行ってきたんです。

この競技会というのは、京都の畳の学校に行っている生徒が学年ごとにわかれて畳一枚を全て手作業で時間内に作り、技術を比べるというものです。

学年は、全部で四つあって一学年に10人前後くらいの人数です。

学年が上がるごとに制限時間が短くなったり、手間がかかるやり方をやったりとだんだん難しくなっていきます。

一応、順位も決められるようになっていて、優劣をつける基準は、仕事の内容や「時間内にできたか」、「規定のサイズ(寸法)で作れたか」等があり学校の先生に審査されます。

最終的には、畳一枚を2時間50分で作らないといけないんですが、これを時間内に作るのはすごく難しいんです。

なので、相当練習していないと時間内に作ることは出来ず、毎年2、3人くらいしか間に合いません。

去年までは、この競技会に出ていたので、よく畳一枚を手縫いで作る練習をやっていたので、時間内に作れていたんですが、今は、京都にいた頃に比べると手縫いをする機会がないので、2時間50分で畳を作るのはちょっと難しいです。


来年は、畳の一級技能士の資格を取れる試験があり、手縫いで畳を作らないといけないのでまた少しずつ練習していかなければなと思いました。

今回は、ちょっと移動が大変でしたが、緊張感のある場所に行けて良い刺激になりました。





posted by ヒラタ at 20:57| 仕事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。